FRB、量的緩和を無制限にして資金供給を大幅拡大

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ AM6:00

XBTUSD レンジ下限:6008.0ドル, 中央:6406ドル, 上限:6804.0ドル
BTCJPY レンジ下限:668859.0円, 中央:713165円, 上限:757471.0円
FXBTCJPY レンジ下限:668197.0円, 中央:712459円, 上限:756721.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 AM11:00

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: -$6.02

BTCはAM11:00分現在 6570$前後の動き 

スナイパー1時間足の最終ラインはBUY

BTCは5780$前後のサポートをしっかりと試して上昇、底硬い動きを見せるが、まだしばらくはこのレンジの動きをみたいところ

次の下落で5600~5700$前後を再び試して、底硬さを再度確認できれば積極的に買いで入りたいと思う

OiはXBTUSD : $386.14M (-2.43% ↓)、ETHUSD : $32.57M (+11.38% ↑)、XBT無期限が緩やかに下降中でどちらにも大きく動くような感じはしばらくは受けない

本日の想定レンジ 6150$-6900$

ゼロ金利政策 + 量的緩和のコンボ発動

FRBの無制限の量的緩和の発表で日経先物は反発して上昇、ダウ先物、ダウCFDも反応して上げるも米国株式市場は折り込めずについてこない展開

日経先物は17600円前後の安定した硬さを見せて再び上昇に転じた

東京時間開始後のザラ場も引き続き強い展開で日経は+1,100を超える大幅な続伸で18000を回復する動きをみせた

24時間のトレード 一部

REIT

REITが引き続き強い展開で暴騰してサーキットブレーカー発動、ランキング上位も独占する展開となった、昨日仕込んでも余裕で間にあうやつとは参った

やっとプラス圏に浮上してきたが、もう少し上手いトレードが出来ていたらと反省は多い、一部ポジを利食いして減らした。

サーキットブレーカー制度(サーキットブレーカーせいど、英: Circuit Breaker)とは、株式市場や先物取引において価格が一定以上の変動を起こした場合に、強制的に取引を停止させるなどの措置を行う制度である。

日経225

量的緩和の発表で暴騰した際に逆張りでPUT購入 14000P 55円抜き

先物miniは引き続き動きのあるところをスキャ1000本ノック継続とした

BTCFX

FRBの無制限の量的緩和の発表で遅れてBTCも急上昇する場面があった

FXは653000円くらいからロングして10000円~15000円くらいの利幅で利食い

/USDも5880$くらいからロングいれて400$くらいの利幅で利食いできた

原油

手探りながら拾っている状態、28$前後まで戻したら一度利食いを検討したい。22$台は拾っていけば良さそうな感じでいる

国内のガソリン価格にも転嫁されているようで、地方によってはレギュラーが100円を切っているとのニュースも目にした

4 COMMENTS

Avatar generic cialis online

My brother recommended I might like this web site. He was
entirely right. This post actually made my day.

You cann’t imagine simply how much time I had spent for
this information! Thanks!

返信する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)