BTC市況、日経は久しぶりの大き目の下落

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ 

XBTUSD レンジ下限:9577.0ドル, 中央:9930ドル, 上限:10282.0ドル
[12:00] BTCJPY レンジ下限:1023268.0円, 中央:1060958円, 上限:1098648.0円
[12:00] FXBTCJPY レンジ下限:1029779.0円, 中央:1067708円, 上限:1105637.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: +$7.02
[12:57] Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: +$42.63
[12:57] Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: +$98.21

24時間以内の予想レンジ 9700$-10400$

スナイパー1時間足の最終サインはBUY

BTCは13:00現在9900$付近の動き、フラットな目線で見ていたが9800$を明確に抜けてきた事で若干ロングよりの目線、上値上限は引き続き10400$まで、下値の目安は9400$までとした。

次ショートを考えるのは9700$を明確に抜けて上値が重たくなってきたあたり、もしくは10400$前後の動きを見てかなという感じ

トレンドは崩れた感じはないので、押し目からのロングが正攻法な気はするが、株価指数の崩れもあり若干懐疑的な見方もあり

オシレーターを見ていくと、日足はもう少し調整が欲しい感じ、4時間足はまだいけそうな感じ、1時間足は少し調整が入りそうな局面に見える、週末に向けての動きを見ていきたい。

一部アルトは面白い動きをしている感じだが、TLを見ている感じからは盛り上がりに欠ける感じの印象を受けた。

日経平均株価はSQを睨んだ神経質な展開が続くが、若干雰囲気が変わってきたか、、

日経平均株価は久しぶりに大き目の下落となり14時現在、22600円前後の動き、SQを睨んだ攻防となりそうだが、チャート的には4時間MA75付近がしっかりと機能しそうな感じでひとまず22000円割れはないかなという目線、押し目となってくるなら再び23000円乗せを狙ってくる展開にも見えるが、SQ抜けるまでは予断を許さない感じ

米国株価指数は大統領選を控え、経済対策が続くとの見方も後押しするが、そこまで持つのかなという感じもあり、新型コロナウィルスの実態経済への影響もあり、二番底を探りにいく展開も捨てきれず

ダウ先物は26500$付近、日経とのスプレッドが24時間で600近く縮まってきた、ダウスプレッドショートで長めに追えそう感じ

その他のよもやま話

単調なトレードになっており、特にネタもないので一つ、最近友人から勧められたのもあり時間を見てAmazonビデオ「日本統一」シリーズを見ている、個人的にはあまり極道ものは興味なくて、有名どころだとミナミの帝王とか、龍が如くとか、名前は知っているけど見た事とか無いんだけど、日本統一はなかなかひきこまれている(笑) 結構シリーズ長いみたいで、まだ10くらいまでしか見ていないんだけど、「何か見るものないかなぁ」という方は一度試してみてはいかがだろうか?

感想としては、ゴテゴテのヤクザものなんだけど、わき役もしっかりと描かれていて、薄っぺらい感じは無い、実際に街中であれだけ拳銃ぶっぱなしているのは流石にないだろぅと突っ込みつつ、笑える部分もある感じでしばらく楽しめそう。

 

 

1 COMMENT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)