パスワード管理アプリ「1password(ワンパスワード)」を徹底解説

世界でも幅広く利用されているパスワード管理アプリ「1Password(ワンパスワード)」

一つのパスワードを覚えるだけでさまざまなサイトにログインでき、日常的なパスワード管理を簡略化してくれます。

しかし簡単に使えてしまうため、セキュリティ面や安全性など不安な面も。

この記事では、そんな1Passwordの疑問や魅力、購入方法、使い方について徹底的にご紹介します。

ぜひご利用の参考にしてみてください。

1password(ワンパスワード)とは?

1passwordとは、オンラインサービスやアプリ、SNSを利用する際に必須のIDやパスワードを管理する「パスワード管理アプリ」です。

セキュリティ対策としてサービスごとにパスワードを変えたり、複雑なパスワードを設定したりした場合でも簡単に管理できます。

IDやパスワードを管理するメインパスワードを覚えていればいいため、「パスワードを忘れた」「覚えるのが大変」といった負担を減らすことが可能です。

通販サイトやSNSで個人情報の入力が必要な昨今、個人情報を守り管理するために1passwordは有用です。

1passwordの特徴

1passwordは、windows以外にも複数のOSから利用できます。

利用できるOSは次の通りです。

  • windows
  • mac
  • iOS
  • Android
  • Linux
  • Chrome
  • Command Line

メインで使用されるほとんどのOSを網羅しているため、どのようなデバイス・OSをお使いの場合でも安心です。

また、1passwordのアカウントには、次の項目も含まれます。

  • デバイス無制限
    台数やデバイス無制限で、所有するコンピューター・デバイス全てから利用できる。
  • 1password Watchtower
    セキュリティ侵害されたサイトやパスワードの脆弱性をアラートでお知らせする機能。セキュリティ対策につながる。
  • デジタルウォレット
    クレジットカードやウォレットカード、ネットバンキングなどの情報を安全に保存する。所有する別のデバイスからの入力もできる。
  • サポート
    個別のサポートを無料で受けられる。
  • トラベルモード
    旅行などで国境を超える場合に、情報を一時消去できる。復元はワンクリックで可能。
  • セキュリティスイート
    データの共有や使用、販売されることはない保障。
  • 高度な暗号化
    AES-256による暗号化などを組み合わせて、データを安全に保存。

これらの機能を年間のサブスクリプションで契約すれば、月額$2.99からお使いいただけます。

家族向け、企業・チーム向け、ビジネス向けとコースがあり、自分に合ったコースから選択可能です。

「1Password」の購入はコチラから

1password(ワンパスワード)の魅力

複雑なパスワードの管理のしやすさ

1password一番の魅力は、「複雑なパスワードの管理のしやすさ」です。

1passwordはメインの「マスターパスワード」で、複数のIDやパスワードを管理できます。

さらにクレジットカードや個人情報まで保存できるため、簡単で便利です。

パスワードをアプリ無しで管理すると、メモや記憶を頼りに覚えておくことになります。

しかしそれでは、パスワードが脆弱などの理由でアカウントが乗っ取られてしまうことも。

その点1passwordがあれば、パスワードを忘れることなく強固なパスワードの自動生成も行ってくれるため魅力的です。

屈強なセキュリティ

1passwordで魅力的なポイントの一つに、「屈強なセキュリティ」があげられます。

1passwordは、セキュリティを核として設計されたアプリです。

保存されたすべての情報は暗号化され、マスターパスワードがなければ解除できません。

送信時は暗号化に加え、複数のセキュリティ技術を組み合わせ保護されます。

これらのセキュリティ対策によって、セキュリティ違反時のアラートや詐欺からの保護、窃盗の防止を行ってくれるのです。

「パスワードを一括で管理するとセキュリティ面が心配」という方でも安心して使える、1passwordの魅力といえます。

「1Password」の購入はコチラから

1passwordの購入方法

公式サイトからの購入

1paswordは公式サイトから、月額制の「サブスクリプション」と買い切り制の「スタンドアロン」の2種類から購入できます。

2つの違いは次の通りです。

サブスクリプション スタンドアロン
購入 1つのみでOK
複数のデバイスと共有可能
1デバイスに1つ購入が必要
アップデート 最新バージョンにアップデート アップデートしない
データの同期 自動 手動

このように、サブスクリプションはどのようなデバイスでも使えるのに対し、スタンドアロンは1つのデバイスに1つの購入が必要です。

さらにスタンドアロンではアップデートすることがないため、バージョンは古いままになってしまいます。

買い切りは一見お得ですが制限も多く、「サブスクリプションの購入」がおすすめです。

サブスクリプションは「公式サイト→価格」から購入できます。

スタンドアロン版は「公式サイト→ダウンロードページの右下」からダウンロード可能です。

スタンドアロンは分かりにくい場所にあるため、上の画像を目印に探してみてください。

ソースネクストからの購入

1passwordは公式サイトからの購入以外に、「ソースネクストからの購入」ができます。

ソースネクストでは、公式サイトでも購入できない「3年版」の購入が可能です。

3年版で買うことで、公式価格より1,600円お得に購入できます。

購入方法は、「ソースネクスト→1password→右側3年版の購入」です。

通常版とファミリー版の2種類あるため、購入ミスがないように注意してください。

ソースネクストからでも継続利用可能に

以前はソースネクストから3年版の権利を購入すると、3年経過後CSVなどでエクスポートして再度新規購入し設定しなければいけませんでした。

この手順が非常に不便で、忘れてしまう人も多かったです。

しかし現在は追加購入を選択すれば、ソースネクストから継続して購入できるようになりました。

そのため不便な手順を踏まず、ソースネクストからお得に継続することが可能です。

「1Password」の購入はコチラから

1passwordの設定方法と使い方

ここでは、「windows10版」の設定方法と使い方について紹介します。

インストールする前に必要な商品を購入し、アカウントの作成を行っておいてください。

【インストールから設定方法】

  1. 公式サイトのダウンロードページへ行く
  2. windows用を選択し、ダウンロード後インストール
  3. セットアップで「デスクトップにアイコンを作成」にチェック
  4. サインインから購入時の「SIGN-IN ADDRESS」「EMAIL ADDRESS」「SECRET KEY」「MASTER PASSWORD」を入力しログイン

これにてインストール、初期設定の完了です。

購入時にDLした「1Password Emergency Kit」は厳重に保管し、無くさないようにしましょう。

この後は、「ログイン」や「ノート」「クレジットカード」のタブを選択し、必要に応じてIDやパスワード、クレジットカード情報を保存できます。

複数のデバイスと同期し、快適にログインできるパスワードの管理を行ってください。

まとめ

1password(ワンパスワード)はうまく利用すれば、普段の面倒なパスワード管理を快適に行えるようになります。

月額からお手頃な価格で使え、強固なセキュリティも備えたアプリです。

パスワードを覚えられない、管理が面倒という人はぜひチェックしてみてください。

「1Password」の購入はコチラから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)