緊急事態宣言の準備段階に突入

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ AM12:00

XBTUSD レンジ下限:6510.0ドル, 中央:6828ドル, 上限:7147.0ドル
BTCJPY レンジ下限:709040.0円, 中央:743719円, 上限:778398.0円
FXBTCJPY レンジ下限:708360.0円, 中央:743005円, 上限:777650.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 AM13:00

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: -$0.03
Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: +$4.21
Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: +$6.8

BTCはPM1:00現在 6860$前後の動き

スナイパー1時間足の最終ラインはSELL

BTCはボラを縮めながら方向を伺う展開、引き続き髭の出るような動きを見せるが、サポートは効いておりロング優勢という感じは引き続き変わらず。動いてから触れば良いようにも感じるが、現物を買っておくならこのあたりで買っておかないと乗れなくなる可能性もあるのかなという気持ち

チャート形状的には下値を切り上げてアセンディング形状になってきているように見えるので、このまま上に抜けるなら綺麗な形にも見える。

Oi値がそれほど高くはないので、ショートカバーを巻き込んでもどれくらいの上昇が見込めるかの検討がつかないが、ひとまず下落開始前の7660$付近は目標としておきたい。

ただし二番底を探ったような感じがチャートからは無く、本当にこのまま戻せるのかなという懐疑的な気持ちもある、レバレッジで積極的にロングを追うような感じにもなれず、引き続き髭で良いロングポジションが取れたら利食いしていくようなトレードが安全には感じる。

二番底とは:相場状況が悪化している時に、一度底を打って好転したように見えた後に、再度状況が悪化(下落)して底を打つことを二番底といいます。

ブログが少しでも参考になったらクリックをお願いします。

新型コロナで緊急事態宣言を出す意向を固める

昨晩TLで話題になったのはこちらのニュースだろうか、いよいよ政府が緊急事態宣言へ向けた動きとして準備段階に入った感じ、行動が遅いという批判もあるが、根回し等も簡単にはいかないだろうし、政府の苦悩も多少はわからなくもない。

ただし後手後手に回り過ぎても手遅れになってしまうので、ロックダウンや移動制限等を強制的にかける緊急事態制限でないのなら、とりあえず進めていくのが個人的には最善の判断には感じる。

今後の動きだが緊急事態制限が発令されても政府からの強制とかによる個人の生活への変化は特にないかもしれないが、企業側への要請や特別措置等は強く効いてくるのではないかなとは感じる。

昨晩からのマーケットの動きを見てみると

ニュース速報が流れるもサンデーダウには特に変化なし

前場寄り付きからの日経の動き

日経はダウ先物と共に強い動きで前場に一時18,419円までの上昇を見せた、緊急事態宣言が出るという事により相場がすべて最悪の事態を折り込んだかのような動きだが、状況は何一つ変わっておらず、やはりこの上げにも懐疑的な見方をせざるを得ない気持ちもある。

ショート持ち越しの原油を利食い

トランプ砲で29$付近まで急騰した原油だが、週末にサウジのネガティブ発言とトランプ大統領の大幅な関税発言に右往左往する展開に発展、週明けのギャップダウンで持ち越ししたショートを利食いした。

ブログが少しでも参考になったらクリックをお願いします。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)