BCHが半減期を無事に迎えた

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ AM12:00

XBTUSD レンジ下限:6974.0ドル, 中央:7320ドル, 上限:7665.0ドル
BTCJPY レンジ下限:761801.0円, 中央:799549円, 上限:837297.0円
FXBTCJPY レンジ下限:763868.0円, 中央:801718円, 上限:839568.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 PM3:50

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: -$6.14
Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: +$14.9
Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: +$66.08

 

BTCはPM3:50現在 7300$前後の動き

24時間以内の予想レンジ 6000$-7500$

スナイパー1時間足の最終ラインは逆転BUY

BTCは引き続き狭い値幅での動きを継続、サポートが効いているようには見えるが、4/10の深夜過ぎに一目の雲の切れ目が来る事となるのでこのあたりは下に仕掛けるには面白いかなという感じ

背を浅く取れるようなら短期的にショートも面白いかなという気持ちで今晩は見てみたい。

上記の事から予想レンジの下限を一時的に下げて6000$までとしたが、一時的なレンジ予想としたい。

やはり二番底を試して欲しいという気持ちもあり、7400$を完全に抜けて底固めをしてくるまではその線も捨てずにいきたい。

1日ワンクリックの感謝!!

BCHが半減期を無事に迎えた

特に波乱も無かったが、BCHの#630000ブロック採掘の数ブロック前からマイナーの採掘が異常に遅くなり、半減期前に逃げ出したのでは無いかというような考察も見られた。

半減期とは、ビットコイン等の仮想通貨の採掘報酬が半減するタイミングのことです。

半減期当日の昼頃より仕掛け的な買いが入るも、半減期を迎える前に急下落、リバウンドするも軟調な展開が続く

この後に価格が上手く上昇していくような流れになってこれば良いが、いささか懐疑的なので、ショートが取れそうな場面があれば触りたいと思う。

BCH/JPYのレバレッジ取引はどこでしようか?

国内の取引所でレバレッジ取引で売りから入れそうなところでスプレッド等の条件の良さそうなところを探ってみたところ、GMOコインがそれなりに板の枚数もあり、スプレッドも条件が良い感じだったので、早速入金はしておいた。

BCH/JPYのレバレッジショートを考える方は参考にされてはどうだろうか?

直近のトレード実績

昨晩 BTC 7359$S→7260$C  寝ポジ 7202$L→7320$C

 

原油CFD  24.30L→24.80C

日経CFD買い ダウCFD売りのスプレッド取引

先物リバ取りを2回程して一部4/オプションをSQ持ち越しした

1日ワンクリックの感謝!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)