2020/3/18 BTC市況 アビガン有効性確認」富士フィルムがS高張り付き

今回の記事より最初にBTCの現在のチャートと簡単な市況を先に書いていきます。

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ PM12:00現在
XBTUSD レンジ下限:5036.0ドル, 中央:5386ドル, 上限:5737.0ドル
BTCJPY レンジ下限:543726.0円, 中央:581578円, 上限:619430.0円
FXBTCJPY レンジ下限:540688.0円, 中央:578328円, 上限:615968.0円

LXVXとは:正式名称は「LedgerX Volatility Index」株式市場の参加者にはお馴染みの恐怖指数として知られるVIX(CBOEボラティリティ指数)のビットコイン版との解釈で良いです、そちらの数字から求めた変動率を参考に想定レンジを求めたものが上記です。

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 AM9:55 
Average Disparity of XBTUSD in this 180min: -$18.13
Average Disparity of XBTH20(Contract month: 3 MARCH) in this 180min: -$52.13
Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: -$121.63
Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: -$89.13

BitMEX乖離率:無期限のXBT/USDと限月先物の乖離を記載しております。

BTCはAM9:30現在 5427$前後の動き スナイパー1時間足は逆転BUY中だがレンジ間で方向性が無く信頼度は無いのでサインスルー

(メインサインを優先とするが、条件が整うと逆転判定される)

ペナントのような形状にもっていくか、6000$前後をレジスタンスとしてアセンディング形状にもっていくかという見方はあるが、引き続き上値は重たく5600$すら厳しい感じの戻り売り相場、引き続き株価指数に連動するような動きを見せており、合わせて見ていきたい。

下線サポートラインの4750$前後、直近安値の3560$前後はしっかりと機能してきそうな感じで見ていく

本日の想定レンジ 4850$-5900$ 非常に広く見るしかないが、それくらいのボラティリティの高さと言える、今晩ダウが再び崩れて20000$を割り込むような動きを見せた際はついていくしかなさそう。

「アビガン有効性確認」富士フィルムがS高張り付き

インフル薬「アビガン」有効性確認 新型コロナ治療、後発薬量産へ 中国 :外部サイト

昨晩上記ニュースが流れPTSでは富士フィルムがS高

先日からあれだけアビガンアビガンと言われていたので、すでにここまで織り込み済を予想したが、PTSで反応してS高へ

翌日ザラ場でもAM10:00現在寄らず、S高の展開は予想できずとも後発薬量産へ・・ここまでは予測できたので、富士フィルムは安い時に買っておくべきだったなぁと今になって言える後出し 次回の参考にしたい

富士フィルムは何度かS高を剥がされた後、PM13:00前後再びS高張り付きになった、初回張り付きは売れてもその後の張り付きはなかなか売りにくい

BlocfFi金利引き上げへ

自分も利用している仮想通貨レンディングサービスのBlockFiが4月1日よりBTCETHレンディング金利を引き上げる

ビットコイン 3.6(現行) 6%(引き上げ後)
イーサリアム 2~3.6%(現行) 4.5%(引き上げ後)

米$ステーブルコインは変わらず8.6%との事

おそらくBTC下落によるレンディング通貨の引き上げで供給が不安定になり、引き上げが多く発生、需給があっていないのかなと推測した。

6%だと国内のGMOのレンディング金利5%よりも優遇されており、現物保管者は放置しておくくらいなら金利を取りに行くというレンディング投資へのスライドも検討してみてはいかがだろう?

BlockFiはプラットフォーム内でBTC→米$ステーブルコイン→BTCが自由にトレード可能なので、レンディングをしながら状況を見てUSDC等のステーブルコインへのトレードも可能なので、口座を持っておくと重宝する。

トレード手数料は取引所を介すよりもほんの気持ち割高だが、例えばUSDCにトレードしたい場合、バイナンスに送金してBTC→USDT→USDCにトレードする手数料と手間を考えると、個人的にはBlockFi内で完結させてしまう選択も十分に良い選択かと思うので覚えておきたい。

BlockFiの記事はこちら

本日の個別株トレード状況

持ち越し銘柄

純パラジウム上場信託(現物国内保管型) 

MCUBS MidCity投資法人 投資証券

エスコンジャパンリート投資法人 投資証券

ケネディクス商業リート投資法人 投資証券

追加購入銘柄

ケネディクス商業リート投資法人 投資証券

デイトレード

富士フィルム 短期ショート 利食い済

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)