【FTX銘柄】Filecoin($FIL)とは?NFT領域でも活用が進むストレージプロジェクト

Filecoin

話題の取引所・FTXで扱う銘柄のひとつ、Filecoin(ファイルコイン)について紹介する。

「FTXで扱う」とは言ったものの、FILはFTXでは現物取引できないことを最初に申し添えておこう。。。この点については後述する。

Filecoinはその性質から何かと話題になる銘柄のひとつだが、先行するイメージだけではなく、どのような特徴を持っており、どのような技術が使われているのかなどぜひ中身を知っておいてほしい。

Filecoin(ファイルコイン)とは

Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)とは、2017年に行われたICOで280億円超という巨額の資金調達を完了した大型プロジェクトとして注目されている。

インターネットがなくてはならない時代となったが、その中でも目覚ましい進歩を見せるのがクラウド化だ。

写真や動画をはじめとするデータは、必ずしもSDカードを使わなくても「ストレージサービス」を利用すれば保管できるようになった。Googleドライブや、Dropboxなどがその一例だ。

だが、これらストレージサービスは、データを保管する場所で何らかのトラブルが発生した場合にはデータが失われるリスクがあるほか、改ざんの恐れがあるなど、データを預ける上で不安が多い。

そこで考え出されたのが、ファイルコインだ。

Filecoin

ファイルコインは従来のストレージサービスのように、特定のデータセンターにデータを保管するのではなく、分散型のストレージサービスを提供するプロジェクト。

安全、かつ誰かに干渉されることなくデータを保管できるのが大きな特徴で、データの流出や改ざんなどさまざまなリスクが今後も増えると考えられる中、非常に需要の高い構想と言えるだろう。

また、ネットワーク上にあるストレージはまだまだ使われていない部分が多く、無駄が多いという点についても危惧されており、ファイルコインはこれらストレージの問題を解決すべく開発されたプロジェクトになっている。

IPFS

ファイルコインを開発するのは、アメリカのProtocol Labsという企業だ。

同社はファイルコインのほかに、IPFSという分散型ファイルシステムを開発している。

我々が日々閲覧しているインターネット「http(Hypertext Transfer Protocol)」には、さまざまな問題点がある。

  • 得られる情報が正しい仕組みで表示されたものかわからない
  • 信頼に値する情報なのかわからない
  • 国や地域によって閲覧できる情報に違いや制限がある
  • 情報の改ざんや削除が不当に行われることがある

など、果たして今スマホやPCで見ている情報が本当に正しいのか?がわからない。

こうした情報の信頼性という課題を解決するために登場したのが、IPFS(InterPlanetary File System)という仕組みだ。

Filecoin

IPFSはピアツーピアという通信方式で成り立つネットワークのことで、ここに参加するコンピューター(ノード)は、データを特定の場所で保管するのではなく、通信を行うノード同士間で分散させて保管する。

そのため、どこかのノードでトラブルがあったとしても別の場所ですぐにデータを復旧できるためデータが失われにくいというメリットがある。

だが、IPFSは参加するノードに対して上記以外にインセンティブなどのメリットはない。ノードがファイルを消去する可能性があるほか、危険なファイルではないかどうかの検証も、必ずしも行われるわけではない。

ブロックチェーン

そこで、IPFSの課題を解決しようと開発されたのが、ブロックチェーンとFILという仮想通貨を用いたファイルコインというプロジェクトだ。

つまり、ファイルコインとIPFSは切っても切れない関係であり、お互いのデメリットを補完し合う存在と言えるだろう。

マイニングについて

ファイルコインは報酬をもらうための「マイニング」という作業を行うことができる。

通常のマイニングは、ビットコインのマイニングのようにコンピューターの計算機能をフル活用し、ネットワークに貢献する作業をして報酬を得ることを言う。

が、ファイルコインの場合は、自分が持っているストレージを貸し出して収入(FIL)を得ることがマイニングになる。

Filecoin

つまり、ファイルコインではマイニングを行うマイナー=ストレージ提供者ということだ。

マイニングの仕組み

ファイルコインのマイニングの仕組みはこうだ。

  1. ストレージ提供者(マイナー)は、ファイル(データ)を保持する
  2. ファイルをなくさないよう保持している報酬として依頼者よりFILが支払われる
  3. 記録がブロックチェーンに残る

FILが支払われた履歴はブロックチェーンに残るため、マイナーがファイルを正しく保管しているという証明になる。

その後も正しくファイルを保管しているかどうかについては、指定されたストレージに、指定された期間ずっとファイルがきちんと保存してあるかどうかで判断される。

この工程は順を追って正しく成立してきたかどうかをチェックしていくため、マイナーは不正を働くことはできないし、安全にファイルは保管される仕組みだ。

$FILの価格推移

Filecoin

期待の大型プロジェクトということもあり、ローンチ直後は大きく値を上げたファイルコイン。

しばらく単調な価格推移が続いたが、2020年12月にアメリカのナスダックが「今後数年間でビットコインを超える可能性を持つ仮想通貨」として評価したことや、ビットコインの上昇に伴い反応した場面もあった。

$FILを取り扱う取引所

FILを取り扱うのは、次の取引所だ。

  • Huobi Global
  • Binance
  • Coinbase
  • Gemini
  • KuCoinなど

冒頭でも少し触れたが、FTXではFILの現物取引はできない。

FTXでは「PERP(無期限先物)」といって、通常の先物取引のように決済期限はないが、現物と無期限取引の間で資金調達を行うための手数料が発生するという取引ができる。

現物を売買したい場合はバイナンスがおすすめだ。

Filecoinの今後について

Filecoin

今後もデジタルな物事が生活に大きく関わることは確かなため、ファイルコインやIPFSのような技術・ネットワークは注目されるだろう。

だが、IPFSとお互いを補完し合うファイルコインにも課題点がいくつか残されている。

たとえば、ネットワークに参加するノードがまだまだ少ないということだ。

ノードの数が少ないのは、データを保持するコンピューターが少ないとも言い換えられるが、これでは「じゅうぶんに分散している」とは言い難い。

つまり、ファイルコインやIPFSは参加するノードが増えれば増えるほどデータが分散されるため、どこかを攻撃されてもデータを復元しやすく、より多くの人がネットワークを常時監視しているため、安全性も高まるということだ。

Filecoin

さらに問題視されているのが、企業によるマイニングサービスだ。高額なマイニングマシンを売りつけて契約させる動きがあり、ファイルコインのイメージダウンに直結していると言える。

一部でこうした不穏な動きはあるものの、ファイルコイン自体はデータの安全性を守り、眠っているストレージの有効活用を進めるプロジェクトとして、ぜひ注目しておきたい。

また、NFTを売買するOpenSeaは、2021年6月にファイルコインとIPFSを使ったデータ保管ができるようになったと発表したことも話題になった。

2020年10月にメインネットが稼働したファイルコインは、今後ノードが増えて安全性が高まり、より安定したネットワークになった際、人々からどのように評価されるのか期待したいところだ。

1日ワンクリックの感謝!!

キーボードを掃除したい!OA周りの清掃最強術

パソコン仕事をしているとどうしても気になるのが、キーボード周りやマウスの凹凸部分、モニターの凹凸部分、何かとデコボコが気になるOA周りだが、掃除がしにくいのもあって、ついついさぼり気味に

そんな時にダイソーの神商品の一つで「ジェルクリーナー」をTwitterで紹介させて頂いたところ、結構な反響を頂き、ツイートにも多くの「いいね」を頂いた。

それが以下のツイート

こちらの商品が気にいってから掃除が少し楽しくなって、マメにジェルクリーナーをコロコロする日々(笑)

さて、そこで一つ問題が発生!!

コロコロするにはキーボードやマウスのUSBを抜くかPCの電源を落とさないと、画面がグチャグチャになってしまうのは言うまでも無い。

そんな時に世の中には便利なアプリを開発して無料で提供してくれる人がいるのが有難いもので、以下のフリーソフトを発見したので紹介しておきたい。

Delnputというフリーソフト

ソフトを起動すると、キーボードとマウスが無効化されるだけのソフトだが、これがなかなか俊敏、痒い所に手が届く!

Delnput ダウンロードはこちらから

1.上記リンクからダウンロードとインストールをする

2.起動するとこんな感じの画面になって、マウスとキーボードが一時的に無効になる。

3.上記の画面が出ると無効になっているので、掃除をする!!

ジェルクリーナーは細かいキーボードの隙間等は団子状にして押さえつける感じに、広い部分は棒状にしてコロコロすると使いやすい。

 

4.解除は以下の方法で出来るので、解除して終わり

方法1:スペースキーを押してから「exit」と入力する

方法2:Ctrl + Alt + Shift + マウス左クリック

方法3:マウス右クリックを連続50回

自分は方法1で解除するが、是非「マウス右クリックを連続50回」で解除して欲しい …笑

コロナ禍でおうち時間も長くなっているが、OA周りの掃除の際には役立てて欲しい

Deepcoin取引所 DCボーナスキャンペーン

DCボーナスキャンペーンを下記の日程で設定頂けました。

キャンペーン期間:2021/06/20~2021/07/20

DC還元率も特別に10%上がっております。
口座開設される方はキャンペーン中の方がお得かと思います。

紹介リンクから登録のみ有効 → こちらから登録する

DC(Deepcoinトークン)の紹介記事は過去記事のこちら
(ブログ全戻し協会)→ こちらから

1日ワンクリックの感謝!!
 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)