新型コロナウィルスに蚊の媒介は無いだろうか?

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ AM6:00

XBTUSD レンジ下限:7250.0ドル, 中央:7543ドル, 上限:7836.0ドル
BTCJPY レンジ下限:779136.0円, 中央:810599円, 上限:842062.0円
FXBTCJPY レンジ下限:782479.0円, 中央:814077円, 上限:845675.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 AM10:35

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: -$0.9
Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: +$21.2
Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: +$23.27

24時間以内の予想レンジ 7240$-7800$

スナイパー1時間足の最終サインはSELL

BTCはAM10:20現在、7500$前後の動き、昨晩日銀介入で国債購入を制限なくというニュースが流れるとダウ日経共に暴騰、つられてBTCも噴上げ開始により7800$までの上昇、なんとなくトリガーになっただけには感じるが、イナゴフライヤーさんが興味深いツイートをしていたので、貼っておきたい。

以下のチャートにまとめてみたので相関の参考にして欲しい

順番にXRP/BTCが初動、ついで日銀介入の日経225CFD、XRP/JPYはまあ良いとして、BTCは完全に後乗りでつられて上げた感じ、自我がないというのか、以前の記事に書いたヨーロピアンさんが呟いていたような事が関係あるのかはわからないが、以下のような相関を見ていくと面白い、一つの動きとして今後の参考に記憶しておきたい。

さてトレードの面から見て行くと8000$はMA200ラインとなり、簡単には突破できないラインと予測する、一旦の上値目標が出来た事で売りやすくもなるだろうが、安易なショートは狼狽ポジになりそう、ギリギリまで引き付けてからの短期決戦ショート、もしくは多少LOT下げて長めのショートポジ(最悪8000$付近まで付き合うくらいの)でポジションを構築していくのも面白そうな感じ、個人的には8000$に近づくにつれて再びBTCのポジションをステーブルコインであるUSDCに替えていこうかなという感じ、こちらについてはBlockFiの記事を参考にして欲しい。

下落した場合のラインは7200$~7250$前後を一旦の下値の目安としたい、このラインで止まるかどうかを確認しながらのリバ取り、もしくはトレンドを見ながら触っていく感じになりそう。

1日ワンクリックの感謝!!

新型コロナウィルスに蚊の媒介は無いだろうか?

以前にも一度ツイートをした際に様々な方からも情報を頂いた、現時点は蚊の媒介は無いというような記事を多く見かけるが、血液感染しないって個人的にはどうも納得いかなくて、まだ疑っている状況

さて、そんなことを考えていたら蚊の関連銘柄を調べてみたくなってしまったので、今回の記事として書いてみたい。

そもそも蚊の媒介が無いという記事が出回っても先日フマキラーに買いが入った事を見ると、結局株は思惑や需給も大切という感じ(笑)

1376 カネコ種苗 野菜・牧草種子など種苗事業や農薬が収益柱。農業資材や花きも販売
4005 住友化学 総合化学大手。石油化学はシンガポール、サウジでも合弁展開。医薬品、農薬、電子材料等
4912 ライオン 歯ブラシ国内首位、トイレタリー3位。『バファリン』の薬品や工業用品も展開
4951 エステー 家庭用消臭芳香剤2位、衣類防虫剤1位の日用品メーカー
4952 SDSバイオ 農薬専業。原体開発し他社供給。殺菌剤ダコニールが柱。旧昭和電工系
4985 アース製薬 殺虫剤(虫ケア用品)首位、口腔衛生用品他日用品も。大塚製薬グループ
4997 日本農薬 農薬専業大手。自社開発品で全農以外の海外販路開拓。医薬品原料も
4998 フマキラー 殺虫剤3位。園芸用品、花粉対策品も。新興国に積極進出
4243 ニックス 工業用ファスナー、プリント基板収納用ラックなどプラスチック製品展開
6291 エアーテック クリーンルームと関連機器の専業メーカー。電子、バイオ分野が主な需要先
6946 日本アビオニクス NEC発祥。防衛用表示・音響機器大手で防衛関連4割。赤外線など民需も

虫よけと聞くと誰もが想像できるのがアース製薬とかフマキラーだろうか、フマキラーは時価総額も200億程度でテーマになると軽い動きも見られる。PBRで割安と見ていくとカネコ種苗が0.88、住友化学が0.52、SDSバイオが0.92、ニックスが0.44、日本アビオニクスが0.73となる。

PBRとは:株価純資産倍率(かぶかじゅんしさんばいりつ、price book-value ratio)は、企業資産面から株価の状態を判断する指標である。株価の状況を判定する情報として株価収益率(PER)と共に重要視される指標のひとつである。

Wikipedia引用

フマキラーやアース製薬の有名どころはすでに買われている部分もあって、買うにしてもちょっと手が出しづらい感じ

フマキラー半年チャート SBI引用

多少割安でまだ手垢がついていない銘柄はないものかと昨日から探していたのだが、ジカ熱の時に噴上げたような銘柄で探ってみると4243のニックスがなかなか面白そうな感じを受けた。

ニックスはARINIX® という防虫忌避プラスチック製品が有名でジカ熱やデング熱対策として注目された、環境にやさしい薬剤を使った防虫忌避のプラスチック製品で有効成分が徐々に染み出るという独自の技術を持っている会社、ジカ熱で関連銘柄が暴騰した時も思惑で買いが買いを呼び暴騰したのは記憶にある。

現在の株価を見てみるとジャスダックという事もあるが、特に注目もされていない感じ

時価総額は17.3億と低く、もともと出来高が薄い事もあり非常に買いにくいが、自己資本比率も60%以上で配当もある、もし蚊の媒介等が注目されて関連銘柄に買いが来るなら再び暴騰があってもおかしくないかなという感じは受けた

ニックス 年間チャート SBI引用

1日ワンクリックの感謝!!
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)