TrezorとMetaMaskを連携させてMISOで使う手順

MISOでTrezor連携のMetaMaskを使う手順

①METAMASKを開いて、右上のアイコンから「ハードウェアウオレットの接続」を押す。

MetaMask

②TREZORを選択してから、「続行」を押す。

③TREZORデバイスから公開鍵を読み取って良いかの確認が出るので、必要に応じて「次回より確認がいるか?」の選択にチェックを押して、「Allow once for this session」を押す。

④公開鍵をエクスポートして良いかの確認が出るので、良ければ「書き出す」を押す。

⑤アドレスが5つまで表示されると思うので、利用するアカウントを選択してから、「ロック解除」を押す。

⑥MetaMaskを使用して接続、「Trezor」のアカウントを選択してから、「次へ」を押す。

⑦確認して、「接続」を押す。

⑧MISOのページから「CONNECT」を押して、MetaMaskを押す。

⑨読み込みアドレスがTrezorのアドレスと同じになっているかを確認する。

以上で接続完了!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)