Bitcoin(ビットコイン)

BTCは大台の10000$に到達するも過熱感は無い

本日のBTC市況

LXVXから求めた想定レンジ AM6:00現在

XBTUSD レンジ下限:9443.0ドル, 中央:9802ドル, 上限:10162.0ドル
BTCJPY レンジ下限:1003320.0円, 中央:1041551円, 上限:1079782.0円
FXBTCJPY レンジ下限:1015830.0円, 中央:1054537円, 上限:1093244.0円

BitMEX Price Disparity from index in USD BitMEX乖離率 AM9:55 

Average Disparity of XBTUSD in this 180min: +$1.76
Average Disparity of XBTM20(Contract month: 6 JUNE) in this 180min: +$62.05
Average Disparity of XBTU20(Contract month: 9 SEPTEMBER) in this 180min: +$61.75

 

24時間以内の予想レンジ 8500$-10500$

スナイパー1時間足の最終サインはBUY

BTCはAM10:00現在、10000$付近の動き、心理的な節目にもなりそうな10000$付近だが、それほどの過熱感は感じない。

押し目という押し目がないままここまで上昇するとは思わず、個人的にはすでに想定外の上げなので、見ているだけとなってしまっているのが正直なところ。

次のラインとして見ていくなら2月の高値である10500$だろうか、上値余地を探りながらの展開にはなりそう。

とにかく押し目という押し目もないまま上げ続けたので、乗れていない人、ショートでひたすら焼け死んだ人も多いイメージ

チャンスは必ずくるので、中途半端なところでのエントリーは控えて待つようにしたい、ロングポジションの人はどこかで来る無慈悲な梯子外しには気をつけながらといったところだろうか?

BTCドミナンスが69%付近に上昇

BTCドミナンスの上昇が止まらない、現在69%付近の動きとなるが、引き続きアルトから資金が抜けてBTC一人勝ちといったところだろうか、今後トレンド転換があるとすれば、このあたりの動きも見ていきたい。

BTCドミナンスとは:仮想通貨市場におけるビットコインの占有率(シェア)がどれくらいあるものかという事を示しています。2017年には80%前後の高い水準を誇っていましたが、2018年ごろからは40%前後の推移していた。

1日ワンクリックの感謝!!

BlockFiがモバイルアプリをリリース

レンディングでお馴染みのBlockFiからモバイルアプリリリースのお知らせがきていた

利用している人は是非インストールしてみてはいかがだろうか?

BlockFiの詳しい記事はこちらにまとめてあるので、是非読んで欲しい。

[btn href=”https://crypto-hibiki.com/blockfi/” class=”raised red-bc strong” target=”_blank”]BlockFiの記事はこちら[/btn]

 

BlockFiでレンディングして安定運用のススメPrev

BTC市況、CMEに特大の窓が開いたNext

Related post

  1. Bitcoin(ビットコイン)

    いつものBTC? 現物を少し処分した

    本日のBTC市況LXVXから求めた想定レンジ AM6:00…

  2. Bitcoin(ビットコイン)

    原油のプロレスに一旦の終止符は打たれるか?

    本日のBTC市況LXVXから求めた想定レンジ AM6:00…

  3. Bitcoin(ビットコイン)

    BCHが半減期を無事に迎えた

    本日のBTC市況LXVXから求めた想定レンジ AM12:0…

  4. Bitcoin(ビットコイン)

    高まる新型コロナワクチンへの期待

    本日のBTC市況LXVXから求めた想定レンジXBT…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • binance
トレーダー必須の高機能チャート
  1. Serum DEX

    暗号資産最前線

    FTXの分散型取引所(DEX)「Serum」と独自トークン、$SRMとは
  2. Bitcoin(ビットコイン)

    BTC市況 半減期を控えたBCHの急騰
  3. Bybit

    2020/3/14 軟調な展開で二番底を伺う相場
  4. Polkadot

    暗号資産最前線

    Polkadot($DOT)の詳細を解説、なぜ注目されているのか
  5. その他の投資や投機

    ヨコヨコの相場で利益を出す!
PAGE TOP